定期預金の名義変更

現在定期預金にある程度まとまったお金を預けているのだけれど特に使う予定はないので子供に名義変更をしたいと考えた場合それは可能なのでしょうか。

ほとんどの場合は名義をほかの人に変更をするということはできません。生前贈与という形になってしまうためです。
定期預金というの本人以外の人が解約したり、引き出したりすることはできません。他の方に譲るということもできません。生前贈与となる場合があるので名義は他の人に変更するということはできないのです。満期が来てから解約するか解約をして名義を換える方法しかありません。

また、預金口座の名義人の方が亡くなった場合は金融機関というのは口座は凍結をしてしまいます。たとえ身内であれお金を引き出せないのです。
これはちゃんと理由があり、相続という形になるので一人の人が相続人全員の同意を得ずにすべてのお金を引き出してしまうことを防ぐために行われます。 なくなった方の預貯金というのは必要書類で手続きをして払い戻しの手続きを行います。

すぐにお金を引き出せるものではありません。時間もかかります。各金融機関によって違いがありますが、

各銀行所定の口座払い戻し請求書、
相続人全員の戸籍謄本、
亡くなった方の戸籍謄本、 預金口座の通帳と銀行の印鑑、
相続人全員の印鑑証明書、
遺産分割の協議書、

が必要となります。
ともすれば住宅ローンと同等かそれ以上に手続きがややこしい場合もあり、困難な場合は代理人を立てたり、もめてしまった場合は弁護士さんなどが必要となります。名義変更というのはなかなか困難なものです。

当サイトでは名義変更の方法について詳しく解説いたします。

Copyright © 2014 定期預金の名義について  All Rights Reserved.